FC2ブログ
09≪ 2019/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2005-08-05 (Fri)
一昨日(3日)の夕方、ゆみきちのお母さんが亡くなったという
訃報のメールが入った。
6月の終わりに入院して、手術を受けて、一度退院したんだけど、
7月の終わりに再び体調を崩して再入院してしまった。
そういう経緯はあったけど、再入院からまだ1週間ぐらいしか経っていない。
あまりに突然すぎて、ただ驚き、悲しくて、
ゆみきちにかけてあげる言葉が見つからない。
何かしなくちゃ、何か言わなくちゃ、気持ちだけが焦るけど空回り。
結局、ありきたりの言葉しかでてこなくて、そのありきたりを送信してしまった。
こんな時、小学校時代からの友達も使えない存在だ。(;^_^A

そんな中、ゆみきちから、本人の意向で献体にいってしまって、
1年ぐらい戻ってこないから、お通夜や、お葬式はしないという連絡が。
異例の事態に、何がなんだかわからなくて、
自分がどうすればいいのかもわからなくなってしまった。

今朝は、ゆみきちから電話をもらった。
お母さんの話をたくさん聞いた。
病気の事、入院中の事、お母さんの生き方・・・
更には、亡くなってからの事まで考えていたそうで、
献体も亡くなる前に自ら手続きをしていたそうだ。
生きている間に、そんな事が考えられるって、すごい事だと思うよ。
亡くなってからの事を真剣に考えた事のある人なんて
そうそういないんじゃないかなぁ?
家族思いの立派なお母さんだよね。

それに、σ(^_^)からしたら、まだ早すぎると思うけど、
お母さんは好きな事は十分にしたと言っていたそうです。
人生に悔いもなかったみたいだし、それは良かったと言えるのかな?
親って、いつまでも生きているって思いたいし、
思っている部分もあるけど、そうじゃないんだよね。
σ(^_^)は昔から、何かにつけて親不孝ばかりだから、
後悔しないように、もうちょっと考えないといけないわ。
小さな事でも、できる事はしなくちゃね。
今日は、いい話が聞けました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
* Category : Mona*
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する