FC2ブログ
個別記事の管理2008-10-08 (Wed)
るなの大学病院の予約の日だったので行ってきました。
おやぢも休みを取ってくれたので、一緒に行きました。

昨日は、いつもの元気なるなだったので、MRIをしても何も出てこないんじゃないかなぁと思っていたので、病状に対する不安はなかったんだけど、麻酔をするから大丈夫かなって言うのと、肝臓の病気をした時にも、その大学病院で診察を受けた事があって、行った時は良かったけど、その後の対応がすごく悪くて、嫌な思いをしたので、また同じ先生に当たってしまったら嫌だなぁ・・・って言うので少し不安があって、行くまでは複雑な気持ちだった。

るなの番が来て呼ばれた時、以前と違う先生だったので、正直ホッとした
まずは診察してもらって、簡単な神経的な検査を受けました。
その結果は異常がなかったけど、念のためMRIを受ける事に。

麻酔をするから時間もかかるし、麻酔から覚めても眠そうにしているんじゃないかなぁと思っていたが、再び呼ばれ診察室に入っていくと、そこにはハイテンションなるながいてビックリした
結果は、頭の中からも異常は見つかりませんでした。
体に異常がないのに発作が起きる場合は、特発性てんかんと言うそうです。
気管虚脱も、すぐに治療を始めなくちゃいけない段階ではないと言われたのでホッとしました
今回担当してくださった先生は、丁寧に説明してくれたし、その後の対応も大丈夫そうだったので、良い先生に出会えてよかった
思っていたよりも待たされなかったので、あっという間に診察が終わりました。

家に帰って、少し休んでからいつもの病院に電話をしたら、既に大学病院の方から電話があったそうで、私が説明する事は何もなかった
前に行った時は、大学病院の先生から電話が行かず、いつもの病院の先生から電話をして・・・って感じで最悪でしたが、今回の担当の先生は良い先生でよかったです。
でも、薬だけは必要だったので、夕方、いつもの病院に取りに行きました。
本当は、るなも一緒に行った方がよかったみたいなんだけど、さすがに疲れたみたいで、家に帰ってからずっと寝ていたので、私だけ行きました。

いつもの病院では、院長先生をはじめ、担当の先生、担当外の先生も、頭に何かあるんじゃないかなど、色々な事を想定して今後の事を考えてくださっていたそうで、何もなくてよかった~と、皆さんホッとした様子でした。(笑)
もちろん、私もホッとした。
発作の原因はわからないままだけど、原因不明の発作は、特発性てんかんとして治療がされるって言うのはわかったし、治療の方向性もハッキリしたから、やっと落ち着けます。
薬を2日分いただいて、金曜日に改めてるなの様子を見せに行く事になりました。

特発性てんかんについてはこちら
とても詳しく書いてあり、発作の前兆も思い返せば、そういえば・・・って思い当たるところもあったので、気をつけるポイントもわかったし、とても参考になりました。

Return

Theme : ポメラニアン♪ * Genre : ペット * Category : るなのてんかん
* Comment : (0) * Trackback : (0) |